Index > Apple wireless keyboard(JIS) のBluetooth ペアリングができない...他ファーストインプレッション
Sun, August 2, 2009

Apple wireless keyboard(JIS) のBluetooth ペアリングができない...他ファーストインプレッション

諸事情によりついにAppleWirelessKeyboardを買いました。 が、いきなりペアリングというはじめの一歩でコケました。

Bluetooth機器を使うのは今回がはじめてだったので、原因がよく分からないのですが、 5回くらい繰り返しペアリングキーを入力したり、再起動も2回はしたのに うまくいかなったのが、 LogicoolのワイヤレスマウスのUSB受信機を外してペアリングキーを入力したら一発で 成功したので、たぶん、それが問題だったんじゃないかと。

ファーストインプレッション

キーストロークが浅い

キーストロークは浅いです。しかも堅め。

なので、つい強くタイプしてしまうのですが、関節が痛いです。 しばらく使い込めばちょうどよくなるかもしれないです。 あと、このキーボードに慣れれば負担のかからないタイピングができるかも。

ずっとノートパソコン(Let's note)を使ってきた&レッツノートのキーボードがすき、なので、 それとの比較になります。

お店でタイピング感覚は試した上で買っているのですが、実際に使ってみると ちょっと手が痛いです。キーピッチは十分なんですが(わたしにとってはもう少し狭くてもかまわないくらいですが)。

机が広く使える

デスクトップ用のキーボードはLogicoolのエントリー版を使っているのですが、 (いずれにしてもその他のどのLogicoolのキーボードにしても) テンキーがついていて、大きいのとそもそも存在感がありすぎるのがいやです。

Apple Wireless Keyboard はその点でもうこの製品以外にはないですね、 ここまで存在感が少ないキーボードで、その割にはきちんと使えるキーボードは。

control キーが正しい位置にある

JISの方なので、Aの横がcontrolです。MacOSXではキーの入れ替え方法を知らなかったので、 はじめからハード的に正しい位置に control キーがついているのは助かります。

その他) MacOSX + VirtualBox + Ubuntu + ATOK X3で困ったこと

マックを使っていて一番多い使用パターンが、VirtualBox上でのUbuntuでATOKX3の使用。 いままではウインドウズ向けのキーボードを使っていたので、何の問題もなかったのですが、 カタカナに変換しようとして、F7を押すと、iTuneの曲が最初から始まる・・・(ってホストOSでiTuneを起動していた場合ですが)

これどうすれば普通のF7になるんでしょうか。

  1. MacOSXのキーボード設定で、ファンクションキーを標準(as standard function keys)のキーとして使うにチェック
  2. (MacOSXのキーボードはデフォルト設定で)fn キーとファンクションキーを押す

ということでした。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories