Index > jEditのWindowsへインストールとCygwinから使えるようにする
Fri, October 23, 2009

jEditのWindowsへインストールとCygwinから使えるようにする

jEdit http://www.jedit.org/

文字エンコーディングとしてUTF-8が使えて、XMLのシンタックスハイライトに対応したエディタ をいろいろ探していたが、jEditを使ってみることにした。

個人的には、Ubuntu + vim or emacs で何の問題もないのだが、プロジェクトチーム内で 使ってもらうには、Ubuntuという時点でアウト・・・なので。

以前テストしたときには、オンザスポットで日本語入力できなかったり、 Cygwin から起動する方法がわからなかったのだが、今回 Java-based installer を使用したところ 問題なくCygwinから使うことができた。 さらに日本語も普通にオンザスポット入力ができるようになっていた。

GPLだし、プラグインをJavaで開発できるし、これは今後メインのエディタとして 使っていくポテンシャルを秘めているからも...と期待。

jEditのインストールとCygwinから起動する方法

jEdit本体のインストール

Java-base installer をダウンロードしたら、Cygwin上で、実行します。 (当然JavaVMをインストール済みとして)

$ java -jar jedit4.3pre17install.jar

jEditをCygwinから起動させるつもりなら、c:\jedit など半角スペースを 含まないパスを指定しておいた方がCygwin上での起動ファイル設定が楽です。

ここでは、c:\jedit を指定してインストールしたことにします。

CygwinからjEditを起動するためのファイル

#!/bin/sh
java -jar `cygpath -wp /cygdrive/c/jedit/jedit.jar` $1

この起動プログラムをCygwinのパスを通しているディレクトリに (~/bin/jedit 等に配置) jedit 等の名前で保存し、

$ chmod 755 jedit 

しておきます。

jEditの使用

Cygwin からjEditを起動して、カレントディレクトリの foo.txt を編集するには、

$ jedit foo.txt

とします。

WindowsでjEditを使うと、デフォルトの文字エンコーディングは、 はCP932になっているようです。
UTF-8のファイルを編集する場合は、

メニューから【Utilities - Global Options】 を選択して、設定画面でツリーからアイテム「Encodings」を選択し、 Default Character encoding : UTF-8 を選択します。

個人的に気に入った機能

画面分割した上で、ひとつのファイルの別々の場所を左右に並べて編集できる機能が便利そうな気がしました。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories