Index > Jython で javax.swing.JTree を使う
Mon, August 10, 2009

Jython で javax.swing.JTree を使う

Jython ではほとんどGUIのコードを書くことはないのだが(個人的には) Jythonで処理しているデータを可視化して、あっているかどうか確認する場合には SwingによるGUIは非常に重宝する。

例: 構造化FrameMakerでDocbookから本をつくる場合で、索引ページを本文から生成する場合などに DefaultMutableTreeModel を使用している場合の可視化

JTreeをJythonから使う方法のメモ。

jtree.py

import java as java
import javax.swing as swing


f=swing.JFrame()
f.setDefaultCloseOperation(swing.JFrame.DISPOSE_ON_CLOSE)
f.setSize(500,500)

tree=swing.JTree()
f.getContentPane().add( swing.JScrollPane(tree) )


f.setVisible(True)

実行方法

$ jython jtree.py
 Twitter
follow me on Twitter
 Categories