Index > mtascを使って画像の代わりにswfを使う...というアイデア
Sat, June 20, 2009

mtascを使って画像の代わりにswfを使う...というアイデア

mtasc はActionScript2のコンパイラですが、これを使えば、 画像の代わりに swf を使うことができることに気づきました。

たとえばデータベースから画像を生成する場合

サーバサイドでは、 ブラウザからのリクエストに応じてデータベースにアクセスし 取り出したデータからチャートやイラストを生成します。

これをCD-ROMだけで運用できるようにして!と言われてこのことを思いつきました。

今回の案件では、とりあえずリクエストされうる場合の数は有限なので、 全部の場合を事前に考え、PNGなどで画像化しておけば、 CD-ROMで提供できるな、と(検索部分などはJavaScriptで対応)。

しかし、PNG画像となると拡大縮小はできないし (各種サイズの画像をあらかじめ用意するという発想も容量さえ許せばありえるが) 印刷させたいとなると、やはりPNGのようなラスタデータでは品質が劣りすぎる。

・・・と考えていくと、swf で提供すればいいやと。

FlashCS4 のような開発環境を前提にしてしまうと、 何千個も swf を生成することなど不可能ですが、 mtascのようなコマンドラインでバッチ形式で swf を生成できるコンパイラを 使えば問題ない。

データベースからMake一発で、構築できるようにしておけば、 データベース側が更新されても、make するだけで、CD-ROMコンテンツも 更新できる。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories