Index > WindowsVistaのディスク管理ツールには領域拡張機能が含まれていた
Mon, June 15, 2009

WindowsVistaのディスク管理ツールには領域拡張機能が含まれていた

諸事情によりVISTAを再インストールしたので、これを機会にCの領域を拡げることにした。 もともと全体で60GしかないHDDがC,Dに分割され、 それとは別にさらに、 10Gものリカバリ領域が設定されている・・・ という状態だから、メインのCドライブの空き容量が初期状態で既に厳しい状況。

ここにAdobeCS3などを入れようと思っているのだが、容量的に厳しすぎるのは火を見るよりあきらか。

Vista標準のツールでOK

そこで以前 ParallelsのHDDイメージの拡張でお世話になっていた、 GPartedをまたも使おうとしたのだが、実際にやってみると、Vista領域を拡張することはできなかった。 (リサイズ適用しようとすると、エラーになってしまう。) 原因は不明。

しかしネットでいろいろ調べてみると、なんとVistaのディスク管理ツールで領域拡張ができることが判明。

コントロールパネルの「管理ツール」を起動して、「ディスクの管理」を選択、 Cドライブを右クリックして「ボリュームの拡張」を選ぶ...

ということは別にD領域をつぶしてC領域を拡げたいだけなら、GPartedのお世話になる必要は はじめからなかったということでした。

WindowsXPまでの diskpart.exe では、Windowsシステムが稼働しているCドライブの拡張は できませんでしたが、Vistaからはできるようになったようです。

ちなみに、GPartedでVista領域のリサイズした場合たとえ成功しても、次回OS起動したときに Vistaブートが失敗するらしい。ただし、対策はある。

After resizing my Vista partition, Vista won't boot. How can I fix this?

気づいたらVistaに 休止状態 が復活

領域拡張と関係ない話ですが、 購入当初は確かにあったような気がしていた「休止状態」メニューアイテムが OS再インストールで復活していた。 いままでスリープしかできなくて(終了メニューにスリープしか表示されない) バッテリー交換にいちいちシャットダウンしていたので助かる。

それにしても不安定過ぎるな。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories