Index > 仮想HDDのイメージの拡張 VirtualBox
Thu, September 10, 2009

仮想HDDのイメージの拡張 VirtualBox

VirtualBoxでは、vdiという拡張子の仮想HDDイメージファイルが標準だと思いますが、 VMware形式のvmdkも扱えるため、vmdk を(わたしは)使っています。 vmdkの場合は、vmware-vdiskmanager を使って、 2Gごとの分割ファイルとして扱えるとか、 VirtualBoxからVMWareに移行したくなったときとか(またはその逆)... 何かと便利です。

今回は、10GBだった仮想HDDを15GBに変更したのでその手順のメモ。

拡張手順

ツールが揃っていれば簡単です。

Step1

VMware付属ツール vmware-vdiskmanager を使って仮想HDDイメージを15Gに拡張します。

$ vmware-vdiskmanager -x 15GB foo.vmdk

わたしの環境では、処理は一瞬で終わりました。

Mac版 VMware Fusion では、 (標準インストールの場合)vmware-vdiskmanager は以下の場所にあります。

Step2

仮想HDDイメージは15Gになりましたが、HDDに設定しているパーティションはまだ 10Gのままです。 そこで、 GParted LiveCD を使って、 パーティションを10GB→15GBまで拡張します。

VirtualBoxを起動して...

  1. ダウンロードした gparted-live-0.4.6-1.iso を 仮想メディアマネージャのCD/DVDに登録
  2. 仮想マシン設定で、CD/DVD-ROMに 1.で登録したメディアを指定
  3. 仮想マシン設定で、CD/DVD-ROMの起動順がハードディスクより先になっていることを確認
  4. VirtualBoxを起動
    • あとは、GParted LiveCD の説明に沿ってHDD内のパーティションを設定すればOKです。(参考エントリ)
  5. 設定後、仮想マシンをシャットダウン
  6. 仮想マシン設定で、CD/DVD-ROMの設定を解除

Step3

VirtualBoxを再度起動し、ゲストOSでパーティションが15Gまで拡張されたか、確認します。

  1. 仮想マシン設定で、CD/DVD-ROMの起動順の優先順位ををHDDより下げる
  2. 仮想マシンを起動
    • このときWindowsXPの場合は、NTFSファイルシステムチェックがはじまる(スキップもできるがチェックした方がたぶん良い)
    • ゲストOSが起動したら15Gに拡張されたかを確認
 Twitter
follow me on Twitter
 Categories