Index > VMWarePlayer3.0がリリースされていた
Mon, November 9, 2009

VMWarePlayer3.0がリリースされていた

普段はVirutalBoxを使っているのだが、共有フォルダ経由でのアクセスが遅い。 なんとかならないかと、sambaを使ったり、webdav を使ってみたりしたが、 少しも速くアクセスできない。

VMWarePlayerは、VirtualBoxより共有フォルダのアクセスが速いとの情報を (ただし不確かな話)得たので、試すことに。 結果は、自分が期待するスピードではなかった。

しかし、びっくりしたことに、VMWarePlayer3.0は、仮想マシン作成機能が普通に搭載されていた。 (ただしまだLinux版を試しただけなので、Windows版はいままで同じかもしれないが)

Linux版の VMWarePlayerははじめて使ったので、 以前のバージョンから実は仮想マシン作成機能が搭載されていたよ、とかいう話かもしれないですが。

実験結果は骨折り損のくたびれもうけでしたが、 VMWarePlayer3.0は仮想マシンを作成できる、という情報を得たのでよしとする。

それにしても、VirtualBoxのOSE版は、Ubuntuの場合、apt-get install するだけ インストールできるからうれしい。それに引き換え(まあ仕方ないですけど)VMWareは たくさんの質問に答えこちらの個人情報を提供しなければいけないのが...

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories