Index > タブレットで手書きしたイラストをウェブ用画像に変換する方法
Mon, August 24, 2009

タブレットで手書きしたイラストをウェブ用画像に変換する方法

WacomのタブレットやタブレットPCでブログなどでちょっとした説明用イラストを書くための方法。

Windows Jarnal(ウインドウズジャーナル)は使えました

やっぱりイラストはAdobeイラストレータで描いた方が早いんじゃないかと思ったですが、違いました。 私のようにイラスト初心者には、Windows Jarnal が便利です。

イラストレータを使いこなしているプロのデザイナーの方は何の問題もないのでしょうが、 プログラマーである私にとっては機能が多すぎます。

しかし、Windows Jarnal ははじめて使ったですが、すぐに意図通りのイラストを書けました。
こんな感じ...

Windows Jarnal のよい点

普通の画像処理ソフトの場合、コピー用の選択は矩形という思いこみがあったのですが、 Windows Jarnal の場合、ペンで囲んだ部分を選択してくれるのが素敵です。 矩形とかではなく、複雑にペンで囲んでもその部分だけを上手に選択してくれます。 これはちょっと驚きました。

Windows Jarnal の困った点

Windows Jarnal で作成したイラストをWeb用画像として利用するには

  1. tif 形式にエクスポート
  2. GIMPなどの画像ソフトで画像を適切にリサイズ

という手順を最初に思いつきましたが、 しかし、これが困ったことにWindows Jarnalの背景画像(紙のノート風の罫線)が そのまま tif 画像として出力されてしまうのです。

いや、実際は何か設定があって簡単に背景画像を削除できる可能性もありますが、わたしにはその方法が分かりませんでした。

さらにエクスポートした tif 画像のサイズは結構大きいので、Web用にリサイズする必要がありますが、 GIMPでリサイズすると激しく見にくくなってしまいます。 (Adobe Photoshop などでリサイズすれば多少品質アップできるかも。)

一番きれいにリサイズしてウェブ画像を作る方法

Windows Jarnal では、ベクタ情報として描いたイラストを選択コピーできます。 したがって、ベクタデータのままリサイズすることで、品質を損ねないで、ウェブ用に最適化された画像をつくることができます。 (もちろん背景の罫線もなしに。)

手順

  1. Windows Jarnal で手書きイラストを描く
  2. Windows Jarnal 上で対象となるイラストを選択しコピー
  3. Adobe Illustratorなどベクタデータを扱える画像ソフトを起動しそこにコピペ
  4. AI上でリサイズ(ベクタとしてリサイズするので劣化しない)
  5. Web用に保存する

以上です。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories