Index > 多ノートの応用、多ノートPC(デスクトップや携帯も可)
Tue, June 9, 2009

多ノートの応用、多ノートPC(デスクトップや携帯も可)

複数のノートをTPOにあわせて、組み合わせて使うことを「多ノート」派というらしい。 確かにちょっとした外出時に、不意に思いついたことをメモするためにはポケットサイズのノートが いいし、ある程度アイデアを一定期間蓄積・発酵させるような場合には、 B5やA4のリングノートで厚みもそれなりにある方がいい。
ノートだけでなく、筆記具についても同様で、 まとまった時間書く場合は、万年筆の方が負担が少ないが、 日常的に断続的にメモをしていくときには、ボールペンの方がいい。 大胆にアイデアを練るときには、太めのボールペンで、画用紙やカレンダーの裏にババッと書きたいし、 既に発想済みのアイデアや覚え書き、TODOなどを書く場合は、極細のペンで なるべく小さい範囲に関連する情報をまとめて書き留めたいと思う。

PCも多ノート感覚でマルチに使う

これと同じ発想で、PCも複数をTPOに応じて使うということを最近意図的に実行している。 以前は、むしろ一つのマシンに集約していくことでファイル管理の手間や PCの設置場所の問題を効率化した方がトータルでよいと思っていたが、 最近は、開発はUbuntuで、外出時はWindowsノートPC、DTP系の作業はデスクトップで、 というように逆に状況や気分に応じてPCを使い分けるようにしている。

どうもその方が効率・・・というかアウトプットが自分は出しやすいみたいだ。

しかし、このような多ノートPC環境を実践できるようになったのも、 eMobileのような安価な移動時を含めた常時定額のネット接続環境、 Gmail,Google Docs,Google App Engine,Google Code,Subversion のようなツールが インフラとして空気のように使えるようになってきているから、成り立つ話。

 Twitter
follow me on Twitter
 Categories