my-notebook blog

Ubuntu Server に ssh でログインしたら DISPLAY 変数を自動セットする話

諸事情により Ubuntu Server 18.04 上の Android Studio を Macbook 側にX11(XQuartz) を使って表示させて使っているのだが、そのとき Ubuntu Server 上で毎回 DISPLAY 変数を設定するのが面倒だったので、自動でセットするようにした話。

続きを読む…

US keyboad と Thinkpad X250 と Ubuntu 18.04 LTS (Desktop 版)

まずテスト的にASUS Vivobook にインストールした Ubuntu 18.04 Desktop にインストールしたUbuntu 18.04 Desktop ですが、 とても感じがよかったので Thinkpad X250 の Ubuntu も 18.04 にしてみました。 ところが、X250 は US Keyboard だったのでその部分で、躓きました。

続きを読む…

WLI-UTX-AG300/C と Ubuntu 18.04 server の導入 それから Mac から X11 で AndroidStudio 起動まで

Ubuntu 18.04 がリリースされた直後のゴールデンウィークなので、諸事情により使っていなかったサーバー用デスクトップを復活させることに。

以前書いたように このデスクトップには Ubuntu Server ではなく Ubuntu Desktop エディション を入れて使っていた。 モニタレスで運用していたが、起動時に WiFiがつかめないことがあり、その結果 クライアントから ssh で接続できないから何もできない。 何が起きているのか、モニタをつないで確認する…という面倒なことになっていた。 起動のたびにそんなことになるので、だんだん面倒になりあまり使わなくなっていたのだが、最近 WLI-UTX-AG300/C という製品があることを知り、これなら、起動時に WiFi がつかめなくて面倒になるのが避けられるのではと思い購入。 導入してみるととても便利で、Ubuntu サーバはあくまで有線LAN がある状態で設定できるため、インストールが楽。 さらに WiFi の通信速度が以前より安定していて速いようです。

続きを読む…

ASUS VivoBook E203NA と Ubuntu 18.04 LTS (Desktop 版)

Ubuntu 18.04 LTS がついにリリースされたので早速 ASUS VivoBook N203NA にインストールしてみました。

18.04 LTS Desktop 版 はインストール時に「最小インストール」を選択できるようになったので、 インストール後のいつもの作業の内、 余計なアプリを削除 の手間が省けた。 それから、今回個人的に一番試そうと思っていた Solarized Color が、予め Gnome Terminal に用意されていて何の苦労もなく使うことができた。 ありがとう Ubuntu 18.04!

続きを読む…

Ubuntu 16.04LTS でディスプレイの色を赤っぽくするブルーライトカット設定が簡単だった話

iOS や MacOS では目を守るためにブルーライトをカットする設定があるのだが、 今までUbuntuでのやり方がわからなかった。 Ubuntu bluelight cut などとしてググると RedShift を使うという記事が散見される。 確かに redshift -O 4600 などとコマンド実行すれば、ブルーライトをカットした赤っぽい画面になる。 これを .bashrc などに仕込んで、今まで使ってきたのだが、今日もっと簡単な方法を発見した。

それはシステム設定の カラー で プロファイルの追加から D50 を選択するだけの話。

続きを読む…


Older Posts »